ウーマン

ピンッとした弾ける素肌をGET|ほうれい線を消して若々しさ急上昇

たるみによる現象を改善

鏡を見る女性

メリットや注意点を把握

ほうれい線が目立ってしまう原因は、肌のたるみによって頬にしわができてしまうからです。肌はコラーゲンやヒアルロン酸などの成分によって、弾力が維持されています。しかし、年齢の積み重ねでこれらが減少してしまうため、肌の弾力が次第になくなっていきます。そのために頬がたるんでしまい、口周りにしわができてほうれい線となってしまうのです。このほうれい線を改善していくには、肌に弾力を出させるか、または皮膚を引き上げていく方法が適しています。この場合、化粧品による効果は時間がかかる可能性があります。しかし、美容整形の場合は即効性があり、確実にほうれい線を目立たなくすることができるのです。美容整形ではさまざまな種類の美容施術によってほうれい線の改善が行われていますが、特に外科的な手術では高い技術が求められます。美容外科での手術では、皮膚を引き上げた状態を維持するために、皮膚を切開してから縫合していきます。目立たない部分から切開をするので傷跡は分かりづらいですが、皮膚を引き上げる加減などを微妙に調節していく必要があります。経験豊富な医師が所属する美容外科での施術が望ましいでしょう。切開施術は実績が求められる美容整形であり、信頼できる美容外科を選ばなければいけません。まずは医師とのカウンセリングによって、自分のほうれい線を改善するためにはどの施術が最も望ましいのかを決めましょう。

手術以外の方法

ほうれい線を目立たなくする美容整形では、手術以外にもいろいろな方法があります。まずは、ヒアルロン酸の注入があり、これはほうれい線の部分に注入していくだけで効果が出てきます。ヒアルロン酸は肌に弾力を出す効果があり、これでしわの部分がふっくらとしてくるため、ほうれい線が目立たなくなります。一番自然な方法となりますが、効果が一定期間しか続かないので、繰り返し受けていく必要があります。だいたい半年から1年は効果が続くと見られ、その間にまた施術を受ければ見た目が維持できるでしょう。次に、糸を頬に入れて皮膚を引き上げる効果を出していく方法です。糸を皮膚に入れていくだけの方法となるので、メスは使いません。糸は自然と溶けていく性質となり、縫合の必要もありません。これでほうれい線のない状態が維持できるようになり、外科的な手術と比べてもダウンタイムが少なくて済みます。そして、レーザーや超音波を使った方法では、肌の照射で新しい皮膚組織を生まれ変わらせる方法となります。つまり、皮膚の再生能力を促していくことから、弾力性のある皮膚が新しく出てきます。これらは痛みはほとんどなく、数回の施術で効果を実感してくるようになります。以上のような方法でほうれい線が自然と目立たなくなっていきます。受けたい方法の特徴をよく知り、自分に合った方法を選択していくことができます。