ウーマン

ピンッとした弾ける素肌をGET|ほうれい線を消して若々しさ急上昇

頬にできるたるみを解消

2人の医師

いろいろな種類

ほうれい線を目立たなくする整形には、いろいろな種類があります。1つはヒアルロン酸の注入があり、これを部分的に注入していくことで肌に張りが出てきます。ヒアルロン酸はもともと体内にある成分ですが、年齢により減少してしまいます。そのために皮膚が支えきれなくなり、たるみとなってほうれい線が生じてしまいます。しかし、減少した分を補う方法によって再び弾力のある肌が取り戻せるようになります。2つ目は、レーザーや高周波によって肌を若返らせる整形です。30分ほど肌に照射していくことで肌がやけどをした状態となり、皮膚の新陳代謝を促していくものです。新しい皮膚の生まれ変わりで、たるみのない若い肌が実現できるのです。3つ目の方法は、糸を皮下組織に挿入してからたるみを引き上げる整形があります。糸を挿入するだけなので皮膚を切る必要もなく、糸の働きでほうれい線が自然と消えていく効果となります。これに使っている糸は特殊な素材で、数年たつと次第に体内へ吸収されてしまいます。そのために、抜糸をする必要はありません。最後にリフトアップの整形では、耳の後ろや髪の生え際から皮膚を切開して、引き上げた状態で縫合していきます。ほうれい線のある頬を中心とした部分から皮膚を引き伸ばすので、たるみのないスッキリとした状態となります。術後1週間で抜糸をしますが、次第に顔の腫れが引いて若々しい見た目が手に入ります。

求められる理由

ほうれい線ができてしまう理由は、さまざまな現象が起きてしまっているからです。老化によって筋肉が衰えてくるようになり、それで頬にある表情筋も弱ってしまうようになります。また、真皮にあるコラーゲンやヒアルロン酸の減少も大きな理由となり、これも年齢が関係しています。その他にほうれい線ができやすい骨格も理由に含まれ、これで若い頃からほうれい線が目立ってしまう人もいるのです。老化の悩みで整形を希望する人の多くが、ほうれい線を気にしています。けれども、整形を受けることで少しでも見た目が改善されるようになるので、効果を求める人が増えてきました。それぞれの整形の特徴を知っていれば、満足できる効果が得られます。ほうれい線の整形には、総合的に見ていろいろなメリットがあります。ヒアルロン酸の注入では1回の費用が安く、施術時間も10分ほどで終わります。気軽に受けられるところがあり、整形を身近に感じることができます。そして、レーザーや高周波の照射ではほうれい線だけでなく、肌全体の若返りが期待できます。今では最新の機械で痛みがほとんどなくなってきたため、肌への負担も抑えられます。他にも、糸を使った整形は日帰りが可能です。施術時間も短く、ダウンタイムがほとんどないのが嬉しい特徴です。リフトアップでは皮膚を切開しますが、その分ほうれい線の整形の中では一番効果が高いと言われています。効果も長く続くので、繰り返し受けていく必要もありません。